Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c8077311/public_html/shun-folder.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
60歳を過ぎても働く?精神面のメリットとデメリット - しゅんブログ.com

60歳を過ぎても働く?精神面のメリットとデメリット

生活
今だけ無料!圧倒的多数本の読み放題聞き放題はこちら


「60歳を過ぎても働くって、なんだかつらそうだし、楽しくなさそうだよね。」
と思っているあなた!でも、実は60歳を過ぎても働くことで、精神的にもメリットがあるんです!

自分自身の肯定感を高めたり、社会とのつながりを維持できたりと、仕事を続けることで得られる
メリットはたくさんあります。ただし、ストレスやワークライフバランスの悪化など、デメリット
も存在します。

そこで、シニア世代が働く際には、メリットとデメリットをしっかりと理解して、自分に合った
働き方を見つけることが大切です。この記事では、60歳以上でも働くことで得られる精神面の
メリットとデメリットを紹介しつつ、仕事を続ける際のポイントや、自分に合った働き方を
見つけるコツをご紹介します!

シニア世代が働き続ける理由とは?

年齢を重ねたシニア世代が働く理由は、年金不安や生活の維持、社会的な役割など、
様々なものがあります。今回は、シニア世代が働く理由を考えていきましょう。

年金不安で働くシニアに関しては、年金生活だけでは不安…60歳以降も働く重要性
に詳しくまとめています。

シニア世代が働く理由は、年金不安や生活費の増加、家族の支援などがあります。
また、社会的な役割や健康的な生活維持、キャリアアップを目指すこともあります。

仕事を続けることで、運動不足の解消や認知症予防など、健康的な生活を維持する
ことができまし、社会貢献活動やボランティアなど、社会に貢献するために働く
シニア世代も増えているんです。

なお、シニア世代が働くスキルについては、60歳以降も現役で活躍するために必要なスキルとは?
に詳しくまとめていますので、よろしければご参照下さい。

シニア世代が働くことで得られる精神面でのメリット

シニア世代が働くことで得られる精神面でのメリットについては、以下のような
ポイントが考えられます。

社会的つながりの維持や拡大

シニア世代が働くことで、職場や仕事仲間との社会的つながりが生まれます。
また、新しい人間関係を築くこともできます。これにより、孤独感や社会的孤立
を軽減することができるでしょう。

心身の健康維持

仕事をすることで、身体を動かす機会が増えます。これにより、運動不足の解消
や健康的な食生活の維持など、健康に良い習慣を身につけることができます。
また、仕事にやりがいを感じることでストレスを軽減し、心身ともに健康的な
状態を保つことができるでしょう。

自己実現や成長の機会の獲得

シニア世代が働くことで、自分の能力や経験を活かすことができます。また、
新しいスキルや知識を身につけたり、新しい分野に挑戦することで、自己実現
や成長を感じることができるでしょう。

経済的な安定感の確保

年金制度の不安定化や生活費の増加により、シニア世代が働くことで経済的な
安定感を確保することができます。これにより、生活の不安を軽減することが
できるでしょう。

以上のように、シニア世代が働くことで得られる精神面でのメリットは多岐に
わたります。これらのメリットを活かし、シニア世代がより豊かな生活を送る
ことができるよう、社会的な支援を充実さえて欲しいですね。

シニア世代が働くことで気を付けるべき精神面でのポイント

シニア世代が働くことで気を付けるべき精神面でのポイントについて、
以下のような点が考えられます。

1・ストレスマネジメントの重要性
  シニア世代は、仕事に関するストレスや身体的な負担が大きくなる可能性があります。
  そのため、ストレスマネジメントが重要です。自分に合ったストレス解消法を見つけ、
  定期的な休息を取ることが大切です。また、ストレスが溜まっている場合は、上司や
  同僚に相談することも検討しましょう。
2・コミュニケーション能力の向上
  シニア世代は、若手社員とのコミュニケーションが必要な場合があります。そのため、
  自分の意見を明確に伝えることや、若手社員の話に耳を傾けることが求められます。 
  自分の経験や知識を活かし、若手社員をサポートすることができると、職場での
  存在感が増し、自信にもつながります。

3・ワーク・ライフ・バランスの確保
  シニア世代は、家族や趣味などの時間を確保する必要があります。長年働いてきたため、
  仕事に対するプレッシャーが強くなっている可能性がありますが、無理をして働きすぎる
  と健康や家庭生活に悪影響を与えることがあります。定期的に休暇を取ったり、
  フレキシブルな勤務時間制度を利用することで、ワーク・ライフ・バランスを確保
  することが大切です。

4・自分自身の成長について考える
  シニア世代は、経験や知識が豊富であるため、新しいことを学ぶことで自分自身の成長
  につながります。また、社員研修や勉強会に参加することで、若手社員との
  コミュニケーションを深めることもできます。自分自身の成長について考え、自分のスキル
  をアップデートすることが、職場での存在感を高めることにもつながります。

5・肉体的な健康管理の重要性
  シニア世代は、肉体的な負荷が大きくなっている可能性があります。そのため、定期的
  な健康診断を受けることや、運動習慣をつけることが大切です。また、健康的な食生活
  を心がけることも重要です。健康であることが、仕事に取り組むためのエネルギー源
  になるでしょう。

6・キャリアアップの可能性を考える
  シニア世代は、今後のキャリアアップについて考える必要があります。退職までの期間
  が長い場合、新しいポジションやキャリアチャレンジを考えることもできます。自分自身
  のスキルを磨くことや、新しい業界や分野に挑戦することで、自分自身のキャリアアップ
  につながるでしょう。

以上が、シニア世代が働くことで気を付けるべき精神面でのポイントです。シニア世代は、
長年にわたって働いてきた経験を活かし、職場での存在感を高めることができます。しかし、
仕事に対するプレッシャーや身体的な負荷が大きくなる可能性があるため、自分自身の
メンタル・フィジカルケアを怠らないようにすることが大切です。また、自分自身の成長
やキャリアアップについても、考えることが大切ですね。

健康面のメリットについて

シニア世代が働くことで得られる健康面のメリットについて、考えてみました。

まず、シニア世代が働くことによって、身体的なメリットがあります。仕事による運動不足
の解消や適度な運動による筋力や柔軟性の維持・向上、身体活動による心臓や肺の機能の
改善など、健康的な身体を維持することができます。

そして、仕事によって自己肯定感を向上させたり、新しいことにチャレンジすることで脳の
活性化を促したり、社交的な職場環境によって孤独感を緩和するなど、精神的なメリット
もありますよね。

また、仕事によって収入を得ることができるため、生活の安定や余暇の充実による生活の
質の向上など、経済的なメリットもあります。

さらに、仕事によって自分自身のスキルアップにつながったり、新しいポジションや業界
に挑戦することができたり、経験や知識を後輩に伝えることができるなど、キャリア面
でもメリットが多いでしょう。

働くことで得られる自己実現のメリット

シニア世代が働くことで得られる自己実現のメリットについて、考えてみました。

まず、自己実現には、自己実現欲求を満たすことが必要不可欠です。自己実現欲求
とは、自分自身を実現し、自分の可能性を最大限に引き出すことを求める欲求の
ことです。

シニア世代が働くことによって、自己実現欲求を満たすことができます。例えば、
新しいことに挑戦したり、自分自身のスキルアップにつながったりすることで、
自分自身を成長させることができます。また、自分の経験や知識を後輩に伝える
ことで、自分自身が育てた人材を見ることで達成感を感じることができます。

さらに、仕事によって社会的貢献を果たすことができるため、自分の存在意義を
見出すことができます。例えば、医療や介護、教育などの分野で働くことで、
人々の生活に貢献することができますよね。

また、シニア世代は、長年の経験や知識を持っています。この経験や知識を活かし、
新しい分野に挑戦することで、自分自身の可能性を広げることができます。そして、
その分野での成果を上げることができることで、理想の自分自身に近づけるでしょう。

働くことで起こるであろう精神面でのデメリット

上記は働くことで、得られるメリットについて述べてきましたが、シニア世代が
働くことで起こる精神面でのデメリットもあるので、みていきましょう。

まず、シニア世代は、仕事に対する責任感が強く、仕事に対してストレスを感じる
ことがあります。また、体力の低下によって、仕事に対して疲れやすくなるため、
ストレスに対する耐性が低下することがあります。このようなストレスが、精神面
に影響を与える可能性があります。

また、シニア世代は、仕事以外の人間関係が少なくなる傾向があります。家族や友人
との交流が減少することで、孤独感を感じることがあります。さらに、仕事での
人間関係がうまくいかない場合には、ストレスや不安を感じることがあります。

さらに、シニア世代は、認知症やうつ病などの病気にかかるリスクが高くなること
が知られています。これは、年齢による身体的な変化に加え、ストレスや孤独感
などが原因だと云われているんです。

ワークライフバランスも精神面に影響します

シニア世代は、家族や孫などとの時間を大切にしたいと考える人が多いでしょう、
そうなると、仕事とプライベートのバランスを取ることが難しくなることがあります。

さらに、シニア世代が働くことで、健康面でのデメリットも存在します。シニア世代は、
体力の低下や疲れやすさなど、年齢による身体的な変化が起こりやすいため、仕事と
プライベートのバランスを取ることが難しくなり精神面への悪影響を及ぼす可能性も。

また、仕事によるストレスや疲れが原因で、睡眠不足や食生活の乱れなどが起こり
やすくなるため、健康に悪影響を与える可能性が考えられます。

まとめ

シニア世代が働くことには、精神的なメリットとデメリットがありますね。
最後に注意すべき点や自分自身のライフスタイルに合わせた働き方の大切さ
についてまとめてみました。

シニア世代が働くことで得られる精神的なメリット

1・自己肯定感の向上
  シニア世代が働くことで、自分のスキルや経験を活かし、仕事に貢献することが
  できるため、自己肯定感が向上する場合があります。また、社会的に有用な存在
  であるという自覚が生まれるため、自信がついたり、やりがいを感じることが
  できるでしょう。

2・社会とのつながりの維持
  シニア世代が働くことで、仕事を通じて社会とのつながりを維持することができます。
  同僚や上司、取引先とのコミュニケーションを通じて、社会とのつながりを深める
  ことができるでしょう。

3・脳の活性化
  仕事を通じて新しい知識やスキルを習得し、それを実践することで、脳の活性化
  につながります。仕事を通じて自分自身の成長を実感することができるため、
  自己実現感を感じることができるでしょう。

シニア世代が働くことで起こる精神的なデメリット

1・ストレスやプレッシャー
  シニア世代が働くことで、若い世代と同じペースで仕事をこなす必要があるため、
  ストレスやプレッシャーを感じることがあります。また、技術や知識のアップデート
  に追われることで、過剰なストレスを感じることもあります。

2・孤立感
  シニア世代が働く職場では、若い世代とのコミュニケーションに苦労することが
  あるため、孤立感を感じることがあります。また、同年代の同僚が少ない場合も、
  孤立感を感じやすくなります。

結論として、60歳を過ぎて働こうと思ったらコミュニケーションスキルが大切に
なってきそうです。人間関係を円滑にして、仕事に取り組めれば、メリットの
方が多そうですね。

では、今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました